家電の中でも進化著しいビデオカメラ

家電でビデオカメラでの撮影はSDカード対応

記録媒体に何を使うことができるかは大事な問題になります。パソコンでも、昔はテープであったり、フロッピーディスクを利用していました。今はハードディスクが主流になっています。記憶容量が違いますから、使い勝手が広がることになります。また、何が使えるかによって、小型化にも影響してくることになります。レコーダーにおいてはカセットテープが使われていましたから、それより小さくするにはテープを小さくするしかなかった時代があります。

家電において、ビデオカメラがあります。動画を撮影できるものとしては、8ミリビデオがありました。そのあと、ビデオテープに記録するタイプがありました。かなり本体が大きいものでした。こちらの場合も専用のテープが作られ、それが小型化することによって本体も小さくなっていきました。ミニディスクを利用するものになると、やっと片手で持つのに苦労しないサイズになってきました。それでも振動などに気をつける必要がありました。

今安心できる記録媒体としては、メモリカードを利用するものです。こちらはいくつかの規格があります。その中で最も主流なのがSDカードになると思います。特徴としては、振動によって記録に不具合が出にくいことです。また記録するときにモーターを必要としていない点もあります。パソコンでデータを記録するように、静かに記録してくれます。カード自体が非常に小さいですから、代わりのカードを持っていけば、いくらでも撮影が可能になります。

Copyright (C)2019家電の中でも進化著しいビデオカメラ.All rights reserved.